e0163642_10553852.jpg


『ゆきのひのチムニーちゃん』
作・絵 : たんじ あきこ

チムニーちゃんはとっても元気な女の子

雪の降った朝、チムニーちゃんはおやつのチョコレートを持ってお外に飛び出していきました。

雪の日ってなんだかワクワク♪


fuwafuwaの雪の上に足跡を付けてみたり、ソリすべりをしてみたり♪

でも・・・なんだか一人ってつまんない・・・



そうだ!!お友達を誘いにいちゃおう♪



今回のお気に入りは・・・



e0163642_1135538.jpg


『ビュンビュン すべる そりすべりで、
つめたい かぜが あたって ほっぺたは
みんな ピンクいろ。
みんなは たのしくて
なんども そりすべりで あそびました。』



ソリすべり!!!!!!!!!気持ち良さそゥ~♪



e0163642_1142416.jpg



ちょっとゴンドラっぽいよね・・・^^; チムニーちゃんの笑顔がシニカルだわ^^;
[PR]
# by sawanoehon | 2008-12-07 19:05
e0163642_1420577.jpg


『きつねとぶどう』
作 : 坪田 譲治 
絵 : いもと ようこ



山の中のきつねの巣でこぎつねが泣いています。

『こーんこん、おなかがすいた・・・』

おやぎつねは言いました。

『待っておいで、今お母さんがおいしいものをとってきてあげる。』


1時間、2時間、3時間たってもおやぎつねは帰ってきません・・・



そのころ、山を3つこえ、ぶどうの村へたどり着いたおやぎつねは、

『おなかがすいて子供が泣いているのです。
すみませんががぶどうを一房いただきます』

そういって大きな房をとりました。



そして、また山を三つこえ、きつねの巣が近付いたとき、子供の声を聞いたおやぎつねは

気が抜けたのか、疲れて立ち上がれなくなります。

一本の木の下にぶどうを一房おいて少し休みました。



そのとき、すぐそばで『ワンワン』と犬の鳴き声がしました。

猟師が犬を連れて近くまで来ているのです。


おやぎつねは子供を心配し『はやくにげなさい!!』と叫びます・・・


その声を聞いてこぎつねは一生懸命逃げるのです。



そのあと・・・

いくら待ってもおやぎつねは二度とこぎつねのところには帰ってきませんでした・・・




何年か経ち、大きくなったこぎつねは久しぶりに昔住んでいた巣の近くを通りかかります。

そこには何が待っていたのでしょうか??





母親の愛情って動物も人間も同じですね♪




今回のお気に入りは・・・


e0163642_14325364.jpg


『こんなところに ぶどうがあったかしら』
こぎつねはふしぎに思いながら、そのひとつぶをたべました。
何とおいしいぶどうでしょう。
『ああおいしい。ああおいしい。』
こぎつねはのどをならして、次から次へとたべました。



e0163642_1435065.jpg



お腹いっぱい食べてくれて、きっとおやぎつねも喜んでるでしょうね♪
[PR]
# by sawanoehon | 2008-12-05 14:38
e0163642_0183095.jpg


『くいしんぼさんのうた』
詩 : まど・みちお
画 : 馬場 のぼる


くいしんぼさんは どこにいる

ここにいるよ

あんぐり あんぐり




くいしんぼさんは がんばりやさんだ・・・

ほらここで 

たったか たったか




がんばりやさんは ねぼすけさんだ

こっちの ほうで

ぐうすか ぐうすか・・・





子供ってホント全部に当てはまる!!って思うような詩でした♪


今回のお気に入りは・・・


e0163642_0222191.jpg


『そこでも ほうら
よいしょ よいしょ
あんな とこでも
ぴょんとん 
ぴょんとん』




e0163642_0231317.jpg



今*saa*も幼稚園の体育教室で縄跳び頑張ってますヨ♪
[PR]
# by sawanoehon | 2008-12-04 00:24
e0163642_23545883.jpg


『はなになりたい』
作・絵 : すまいるママ


あるところに、ライオンがいました。

ライオンは友達が欲しいと思っていましたが、動物たちはライオンを見ると恐がるので

いつも一人ぼっちでした・・・


ある日・・・お腹を空かせたライオンは、二匹のうさぎをペロッと食べてしまいました。

『誰も食べないで生きていけたら、友達が出来るのかも・・・』


そう思っていると、草むらから泣き声が!!


さっき食べてしまった二匹のうさぎには赤ちゃんがいたのです!!


ライオンがうさぎの赤ちゃんを抱きかかえると嬉しそうにニコニコ笑いました。

『そうだ!わしがこの子を育てよう!!』



それからライオンはうさぎをまるで自分の息子のように育てました♪

木の実を取り、畑で野菜を育てる・・・とても幸せな毎日でした。


ライオンは動物を食べるところをうさぎに見られないように、夜中にこっそり

食事に出かけるようになりました。




あるとき、二人は素敵なお花畑を見つけました。

『僕、はやくお父さんみたいな大きくて立派なライオンになりたいな!』というウサギ

その傍らで『わしは小さな花になりたい』というライオン・・・

その言葉の意味をまだ小さいウサギには理解できません。




ある日、ウサギが一人で楽しそうに木の実を拾っていると・・・

サルの兄弟が『動物を食べる恐いライオンの真似なんかして変なやつ!!』とからかいます。

ウサギは泣きながらライオンの元へ帰り真実を知ってしまうのです・・・


その後・・・この二匹の関係はどうなっていくのでしょうか??



今回のお気に入りは・・・

e0163642_092862.jpg


『ライオンが そんなことをかんがえていると
くさむらから なきごえが きこえてきました。
みると そこには うまれたばかりの
ウサギの あかちゃんが いました。
「どうやら わしは このこの おやを たべてしまったようだ」』



e0163642_0112074.jpg



二匹が初めて出会う場面です。

このお話、ちょっと切なくて、でもすごく親子の愛が感じられる絵本でした。

幸せって、ホントに些細な毎日の出来事にたくさん詰まってますよね♪
[PR]
# by sawanoehon | 2008-12-02 23:54
e0163642_2343426.jpg


『とことこちゃんのおかいもの』
作・絵 : なかそね まりこ


とことこちゃん 今日はとってもごきげんです♪


お買い物、おかいもの とことこと。

まずは『キツネのパン屋さん』

『これ下さいな♪』

『ごめんなさい、もう閉店です・・・』




じゃぁ、気を取り直して『リスのジュース屋さん!!』

『これくださいな♪』

『ごめんなさい・・・もう閉店です・・・』


えぇ!!!!!!!!!



この後、とことこちゃんは『モグラのおもちゃ屋さん』『クマのケーキ屋さん』に行きますが、

こちらも同じく『もう閉店です・・・』



なんで、みんな閉店なの????????


それはね・・・・♪




さて、さて、どうして森のお店屋さんは閉店ばかりだったのでしょうか??


今回のお気に入りの場面は・・・

e0163642_23503188.jpg


『これ!』

リスのジュース屋さんでとことこちゃんが選んだジュース!!

e0163642_2351520.jpg


この苺のジュースが飲みたいって♪
[PR]
# by sawanoehon | 2008-12-01 23:52